ヒゲの生え者

メンズにとってヒゲはいつも側にいる近しいサポーター人のような付きです・・・というより、ヒゲが濃すぎると逆に邪魔な付きになってしまいます。でも、ヒゲの見識においてまだ知らないことが多いのも事実です。ここでは、ヒゲの部位のよる姿勢の誤差や、毛流ケースについてご紹介したいと思います。

 

ヒゲの姿勢はいろいろある

みなさんもおわかりだと思いますが、ヒゲといっても、口周りや顎、頬やノドなどいろいろな所がありますよね。顔付きのいつの部分に伸びるかによって、ヒゲの姿勢は違ってきます。あごとあご下でも毛の生えている姿勢は違いますし、のどは思い切り傾いて生えているので、剃刀などで剃るときには、的確に剃らないと剃り残しやざらつきが出やすいです。意外とのどの毛に苦労している男性も多いのではないでしょうか。

 

毛流というものがいる

毛流を知っておくのも、ひげの見識として大切だと思います。ヒゲの経路が片道にそろっておらずに、大波を巻くようなヒゲがあるのを知っていますか?こんなヒゲやバラバラに生えたヒゲは、どうしても剃り辛いんです。ちなみに、あご下の毛流ケースは5ケースあります。

 

  • 解離流線型
  • 解離毛大波バージョン
  • 集合流線型
  • 集合毛大波バージョン
  • 毛流交差バージョン