体毛は人体を保護するために居残る

体毛は、肌を保護する価値と肌能力の副次的な役割があります。

 

 

 

今日、当たり前のように衣服を着ていますが、原始時代のところの人間は、全身に長い体毛が生えていました。この体毛によって外界からの刺激から守っていたのです。しかし、人スパンが衣服を着るようになってからは、外界からの触発を続けるという価値が薄れて赴き、退化によって大毛の長さは短くなっていきました。

 

とはいえ、現在でも肌の手助け能力としての価値は残っています。肌というのは、体温の制御や分泌ベネフィットなどいろいろな役目がありますが、体毛があることで、日常の触発が感化による損傷、それが原因で引き起こされる様々な疾病も和らいでいていただけるのは確かです。

 

各体毛の価値には、それぞれの意味があります。

  • 頭髪は、UVの触発や、脳への感化などを保護します。
  • 眉毛は、くずや汗が目に入らない防いでくれます。
  • 睫毛は、屑や虫などの異物が目に入らないのに防いでくれます。
  • 鼻毛は、ホコリや屑が入らないように防ぎ、息するときに感じを温めて体内に加える能力もあります。
  • 陰毛は、生殖器官を保護する役割があります。
  • 脇毛は、汗を発散させる価値と、表皮と表皮のスレ、表皮と衣服のスレを防いでくれます。