局部麻酔法で脱毛

昭和の時代は、かっこいい男性というのは、毛深い男はカッコイイ!とくに胸毛などはセックス広告として『もてる男』と言われてきたものです。それが時代の流れとともに、毛深い男というのは、汚い、不潔、ダサイなど変化してきました。現在は、『毛髪は無いほうが清潔感があって嬉しい』というのもあり、ここ通算年では男性が脱毛エステサロンに通う人が増えています。

 

ヒゲの脱毛

男性のヒゲを脱毛する場合には、ヒゲ全体を一気に脱毛することはしません。『間引き脱毛』といって、通算本の期間に1本くらいの脱毛をしていきます。またて分立針で脱毛を行うなら、脱毛始める数日前からヒゲを伸ばしておかなければなりません。分立針での脱毛戦法は2種別ありますが、局所麻酔法でやることエステががほとんどです。ちなみに以前まではアイシング脱毛を行ってきました。これはアイスピックで冷やしながら脱毛講じる作風です。

 

 

 

 

局部麻酔法がはやり

 

 

 

局部麻酔法で脱毛するメリットは、脱毛時間が早いことと、脱毛するときの苦痛が少ないことです。脱毛時間に関してはアイシング脱毛の2倍以上の早さがあります。ヒゲの脱毛は、毛深さの程度にもよりますが6〜8回の脱毛で、全体の半ぐらい処理することができます。また、ヒゲが減少していると元から生えていたパートが白く達する場合があります。これは個人食い違いによるところです。

 

ホームページ